【ヒュッゲとは?】

皆さまヒュッゲ」をご存知でしょうか?

こんにちは。中村です(^^)

早いもので、もう12月。
師走ですね!

冬の寒さを感じ、暖かい家のぬくもりが恋しい季節です。

↓↓ おすすめ ↓↓

と、その前に「そうだ京都、行こう。」の2017年版ポスターの場所『東寺』を訪れました!

WMkyouto5

やっぱり本物は素晴らしい!!

WMkyouto6

紅葉の美しさに、日本っていいなと思いました(^^)

WMkyouto7

 

さて、今回は新たなブームを起こしつつあるライフスタイルについてお話したいと思います。

 

デンマーク語で「居心地がいい時間や空間」という意味の言葉「ヒュッゲ」。

 

パチパチと音を立てる暖炉を囲みながら、手編みのセーターを着込んだ家族や大切な人達が、コーヒーやケーキを食べてほっこりする時間―。

ヒュッゲはデンマーク人がアイデンティティ並みに重視するコンセプトだそうです。

世界一幸せな国(幸福度が高い)とも称されるデンマークから学ぶ事は大きいはず♪

 

そこで最近、米国や日本で「ヒュッゲを見習おう」という動きが表れています(^^)

 

では、ヒュッゲな暮らしとはどのようなもでしょうか?

 

たとえば、外食でなく家で家族や友達とあったまる時間。

また、公園でのピクニックや、大切な人たちとコーヒーカップを手に雪が降るのを眺めるとか、そういう些細なことにこそ価値を見出す暮らしのこと。

 

物質的な豊かさよりも、家族や友人との時間や絆を大切にしているのです。

 

私もその考えにとても共感し、理想とする生活だと思いました(^^)

 

現代社会を生きる私たちは、つねに忙しく動き回り、あふれる情報の波の中でもがいています。

 

最近、一瞬でも立ち止まって、いまの自分の置かれている状況を見つめ直したことはありますか?

 

 

忙しい生活のスピードをちょっとゆるめて、人生本来の「心地よさ」を味わい、楽しむ余裕を取り戻すための暮らしの知恵がまさに『ヒュッゲ』です。

つまり、人生でもっとも価値のあるもの、もっとも記憶に残る出来事は、えてしてお金では買えないという考え方。

 

優しい気持ちや愛情、思いやりや、穏やかな笑顔こそが幸せをもたらしてくれるのだと(^^)

 

幸せのカケラは本来とてもささやかで、ありふれていていると私は思います!

 

かけがえのない人たちのあらゆる“幸せ”が、同じ時を共有できたのなら、きっと私たちはこの上なく豊かな気持ちになれるのでしょうね。

 

木のフローリングが、そんな暮らしのアイテムのひとつになれば幸いです!

WMkoube

 

は、旅の写真の続きを♪

神戸の日本一高いクリスマスツリーです。

この時はまだ制作中でした!


WMkoube2

 

神戸ポートタワーからの眺め♪

足元では気づかなかった文字が、遠く離れて初めて浮き彫りになりました!

俯瞰して見つめることで気づくことがあります。

 

WMoosaka

大阪の日本一大きい観覧車♪

 

WMoosaka3

明日も良い日になりますように―☆

 

カテゴリー: 日々の出来事   パーマリンク