【ダーク色の魅力】

WM-8こんにちは!中村です。

春分の日が過ぎ、3月も残りわずか。

春は別れと出会いの季節でもあります。

4月から、新たな環境でスタートを切るという方も多いのではないでしょうか?

 

先日、菜の花畑で春の匂いを感じて来ました!!

明るい黄色が元気をくれます♪

 

今年は例年の気温を下回っているのか、桜はまだ蕾だったのでフローリングとなる部分の「幹」を写してみました(^^)

WM-7

表面はこんな感じですが、フローリング材の「サクラ」の色味はうすいピンク色をしています!

■ サクラ 

 

さて、今回は“ラグジュアリーな空間”をテーマにお話したいと思います。

 

無垢フローリングの中でも高級感を出したい時にオススメなのが、ダーク色の樹種です。

明るい色味のナラ・カバ・メープル・パイン等は、ナチュラルな雰囲気に適しています。

それに比べ、暗めの色味が特徴のブラックウォールナットやローズウッド、そしてチーク等は重厚感が増すためシックで洗練された空間に仕上がります。

例えばこちらの空間。

WM-5

ダークテイストから醸し出される大人の雰囲気が、素敵ですよね。

間接照明も雰囲気作りには欠かせません♪

WM-6

 

このように、床材と家具の色味を近づけることによって統一感が生まれ、お洒落で安定した雰囲気に仕上がります。

また、ビビットカラーの小物をアクセントに使用すると、センスがぐんとアップします!
WM-9

そして、お休みの空間はチークのようなやや明るめのこげ茶もオススメです。

オレンジ系の照明と合せることで、自律神経に優しい雰囲気となり、心地よい睡眠を誘います。

■ チーク 

 

おまけに、お部屋の仕切り(引き戸)には“なぐり加工”が施されたナラ材を使用し、使う程に深みが出る趣もまた素敵です。

WM-10
■ ナラ 

いかがでしたでしょうか?(^^)

そこに居るだけで気分が良くなる、そんな空間が理想です。

↓↓↓チェック♪↓↓↓

 

カテゴリー: 日々の出来事, 製品関連情報   パーマリンク